月別: 2018年3月

地元のコミュニティサイトで出会いました

私は結婚していてこどもがいますが、旦那はこどもが産まれてから急に冷たくなり、もちろん夜の営みもなく、それどころか寝室も別で、週末は飲みに行って朝までかえってこないこともあり、私は育児のストレスもあり、旦那にどんどん不満をもつようになりました。

そのうち離婚も考えるようになったとき、友達や家族にも相談しましたが、旦那への不満がなくなるわけでもなく、男性としての意見をきいてみたいと思うようになり、既婚者の男性と話したいと思うようになりました。

正直、女として全くみてくれない旦那にも嫌気がさしていたのと、虚しい寂しい気持ちもあって、男性との出会いを求めたのも事実ですが、こどもがいるので浮気まで発展はしない程度に話しをきいてくれる男性を探しました。

実際地元のコミュニティサイトに書き込みすると、すぐに同年代の既婚者男性と知り合うことができ、その男性も夫婦生活に不満があるようで、話が弾みました。

だんだん連絡をとるうちに会ってみたいと言われることもありましたが、会っているところをお互いのパートナーにみられたり、直接みられなくても知り合いにみられて、パートナーの耳に入るなどいつどこでみられてトラブルになるかもわからないので、会うことはしませんでした。

ただ、電話で話して声をきいたときには、急に親密になったような気がして私も少し会ってみたいと思うようになりました。

旦那とはまた違う男性が、自分の話しをきいてくれて、受け入れてくれる異性がまだいるんだという喜びと、旦那には内緒でやりとりしているいけないことをしているような緊張感があって、不倫がブームなのも少しわかる気がしました。

その男性とは今でもたまにやりとりしていますが、まだ一度も会っていません。ブームに乗っからないように自分を保つのに必死です。今はこどものことで忙しくしていられることがブレーキになっている気がして、今後、こどもに手がかからなくなると、、、自分で自分がこわいです。

既婚者だって出会いが欲しい

私は40代の既婚者女性ですが、数年前から出会いを求める為に様々なことをしています。

なぜ、出会いが欲しいかと言うと、夫婦のマンネリ化した生活に少しでも刺激が欲しく、その事が潤滑剤になれば良いなと・・思う気持ちが強いのです。

決して離婚したり、家庭を破滅させると言う気持ちはありません。

その場だけの楽しい出会いや、割り切った出会いを求めているいう訳です。

私が本格的に出会いを求めるようになったのは約2年前からでした。子供が家を出たこと、母としての役目が終わり、なんとなく心に隙間が出来たことが一番の大きなきっかけでした。そこで私が出会いを求めたのはやっぱり手っ取り早いSNSです。

いわいる出会い系ってのはちょくちょく利用する様になりました。

また女性は通話無料のテレクラなんかも利用をしています。

その時の気分で出会いを求める先は決めますが、2年間で3回程男性とデートをする事に成功をしました。

最初は会う会わないで、結局会えないまま終わるパターンもありましたが、しっかりアドレスやライン交換をして、何度かそれらのツールを使って連絡を取り合った男性と会いました。

映画へ行ったりご飯を食べたり、カラオケってのが定番デートでしたが、1人だけ深い関係性になりました。その人とは単純に顔が互いに好みだったことが一番大きな理由です。

また、雰囲気と言うのか、たまたまその日は夫がゴルフで帰宅しないと言うタイミングも重なりそんな風になったと言えるでしょう。

久々に夫以外に男性と個室で過ごすというのは、本当に気持ちが高揚しましたが、そんな時間を過ごせたことで、また家庭内ではしっかりと主婦をしようと思えましたし、夫にも優しく接することができました。

なるべく日常的には出会い系やテレクラなどを利用しない様にしていますが、気を抜きたい時は今後も利用したいと思っています。ほどほどに決してばれない様にやりたいと思います。

既婚者だってやっぱり出会いは欲しいですからね。